腎臓病の病気ガイド┃少ない塩分でも味のあるおいしい料理を食べる

食品の成分を学ぶ事が大切

このように腎臓病の食事では、食べ物に含まれる栄養をしっかり管理して食べる事が大切になってきます。腎臓病になったとしても、栄養を管理する事でおいしい食事をする事が可能で、そのためには自分で食品の知識を学び、料理する事が大切です。

詳細を確認する...

腎臓に優しい料理

このように腎臓病になった場合は、考えて食事を作る必要があり、食材を管理して料理を作る事によって、腎臓病でもおいしく料理をいただく事ができます。そのためには食事をする時に使用する食材の知識を学び、自分で栄養の管理ができるようになる事が重要です。

詳細を確認する...

透析患者が増加傾向。

腎臓病を予防するために、食事面に気を付けたりしても、腎臓病は、かなり進行するまで気がつかない場合もあります。予防がなかなかできないのも現実です。尿のチェックや浮腫・血圧、肥満の管理など日々、身体に気を配りつつ生活しましょう。

詳細を確認する...

病気には食材の知識が大切

たんぱく質の量に注意

腎臓病になった場合は食事の内容に注意する必要があり、たんぱく質や塩分を控えた食べ物をとる事が大切です。ですがたんぱく質や塩分は、普通の食事をしていると控える事が難しい栄養ですから、食材の知識をしっかり学んで、腎臓病の治療に役立てる事が肝心です。 たんぱく質の量を減らそうとした場合には、肉類の量を減らす事が重要で、特に牛肉や豚肉には多くのたんぱく質が含まれているため注意が必要です。腎臓病になった場合でも、たんぱく質は適度に摂取する必要があり、筋肉が少なくならないようにする事が肝心です。青魚はたんぱく質の量が適度にあり、おかずとしてもおいしく食べる事ができる食材なので、腎臓病の食事としては青魚が適しています。

塩分は控えめに

腎臓病の食事内容で最も神経を使うものが塩分で、塩分の調整をするためには、購入してくる食材に含まれている塩分を、全てチェックしておく事が大切です。既製品の食品には多くの塩分が含まれている事があるため、既製品の食品は避けると良いです。腎臓病の食事を料理する時は、塩分は最初に下味をつけておく事は避けて、料理が完成した後に上から塩をまぶしてあげる事が大切です。 そうする事によって、少ない塩分でも味のあるおいしい料理を食べる事ができ、満足した食事をする事ができます。腎臓病の人が塩分を摂りすぎる事によって、血液の中に塩分が多くなりすぎてしまい、血圧があがったり体にむくみが発生します。このような状態にならないように、塩分の少ない食事をする事が重要です。